忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

竹海輕舟


駛入丙安,車如輕舟,劃進竹海,遠山近嶺層層疊疊滿眼的綠撲面而來。竹林在陽光的浸染下,散發著如鱗的搬運乳白色光芒,風拂過,泛起層層碧波。新竹枝枝躍起在碧波之間,有的扶搖直上,青翠欲滴;有的如垂柳迎風,婀娜多姿。赤水河穿行過丹霞地貌的群山,如一條玉帶串起枝枝紅色而鮮豔的珊瑚。沿路兩邊青翠的竹飛快的越過車窗,不知不覺,兩岸景色看不足,“輕舟已過萬重山”。

從紅石穀步入竹海,沿階而上,身如輕舟,蕩漾在翠竹掩映的海中。午後的陽光在參差且濃密的竹林穿梭,閃爍出迷人的卜維廉中學光華。有風吹過,穿竹撥葉,如湖水拍岸,嘩嘩作響。林間山泉清澈且潺潺。時間變得緩慢而粘稠起來。閉目凝神,沙沙的是竹語,潺潺的是水聲,和諧而美妙的樂音盈盈入耳。靜心深吸,微微帶著潮濕的空氣,有著一股竹葉與泥土混合的清香,滲染著新鮮的氣息,沁入心脾,久久留香。清爽的感覺在這一刻,貼著全身毛孔鑽進全身,頓時心淨如竹葉上的露珠,紅塵蕩盡,疲勞無蹤,心中只有一個清涼世界。

美好的時光總是稍縱即逝,回顧赤水之行,竹海眼前依稀。工作之餘,閉上眼睛,似乎還聆聽到大自然的呼吸,讓人心情無比的水族恬靜。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R